アパートで大麻草を“栽培”した男たちの法廷劇<薬物裁判556日傍聴記>

アパートで大麻草を“栽培”した男たちの法廷劇<薬物裁判556日傍聴記>
イラスト/西舘亜矢子
       
俳優の伊勢谷友介氏が大麻取締法違反(所持)で逮捕・起訴されて以降、メディアで「大麻」の二文字をよく目にする。556日間薬物事案の裁判を傍聴した斉藤総一さんの記録から今回紹介するのも「大麻所持」で逮捕・起訴された内装業を営む自営業・井上功一という男性の裁判だ。伊勢谷氏は自宅アパートで7.8gを所持していたとのことだが、こちらは大麻17株を栽培したうえに、76gを所持。共犯者とみられる友人の北村拓也と共謀し、大麻草を栽培し、大量の乾燥大麻を所持していた。果たしてどんな人間なのか。共犯者の法廷と合わせ、2度に分けて見ていきたい。


***

※プライバシー保護の観点から氏名や住所などはすべて変更しております。

◆大麻76gを所持していた男

最初はいつものように、警察の冒頭陳述を見ましょう。井上功一被告はなぜ逮捕されたのか?

検察官「被告人は友人の北村拓也と共謀のうえ、みだりに平成28年1月下旬頃から同年4月21日までの間、さいたま市浦和区橋場2-13-40野菊荘201号室において、ロックウールに大麻の種子を植え、播種し、発芽させるなどしたうえ、これらを植木鉢に移植し、水、肥料を与え、照明器具で光を照射するなどして、大麻草17株を育成し、持って大麻を栽培し、同年3月20日、前記場所において大麻である76.17gを所持したものである、となります」
裁判官「井上さんはあらかじめ、黙秘権があるというのを前提に、訴因変更された、いま読み上げられた公訴事実の内容、どこか間違っている点はありますか?」

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「インテリア」に関する記事

「インテリア」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「インテリア」の記事

次に読みたい「インテリア」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月24日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。