予約殺到の格安PCR検査を実際に受けてみた

予約殺到の格安PCR検査を実際に受けてみた
       
 新型コロナウィルスの新規感染者数が急増し、ここまでくると、「もしかしたら自分も感染しているのでは……」と不安になる方も多いでしょう。そんな中、民間でPCR検査が受けられる施設が続々とオープンしています。民間のPCR検査は医療機関と異なり、価格が2000~3000円程と安いことが特徴的です。

 しかし、現在は予約が殺到しており、最低でも1週間以上は待たなくてはいけない状況が続いているとのこと。そんな民間のPCR検査とは一体どういったものなのか。その内容や実態を調査すべく、実際に検査を受けてきました。

◆2週間先まで予約は一杯だが……

 新宿歌舞伎町、及び新橋にある新型コロナPCR検査センターでは、1月中旬現在、最短でも約2週間後以降の予約しかできない状態となっています。また、他の民間PCR検査施設でも、2~3週間は予約が取れない状況ののようです。

 しかし、新型コロナPCR検査センターは、キャンセル料がかからないこともあってか、予約状況を見張っていると前日に突然空きがでるケースもあります。筆者は実際、予約可能が最短10日後でしたが、粘って見張った結果、翌日の夕方に検査できました。しかし、基本的に無症状者が対象なので、「体調悪いからPCR検査受けようかな」みたいな方は、必ず医療機関で受けなくてはいけません。

◆現金支払いができない!?

 検査のために向かったのは「新型コロナPCR検査センター歌舞伎町店」。雑居ビルの一階にあり、個別に検査をするブースが並んでいます。“狭めの選挙投票所”といったイメージの場所に、常に5~6人が検査を行っている状態です。支払い方法は電子マネー決済のみで、

当時の記事を読む

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。