副業シェアハウスで成功した大阪の“元祖どつかれ屋”。ゴミ同然の物件を再生

副業シェアハウスで成功した大阪の“元祖どつかれ屋”。ゴミ同然の物件を再生
小嶌大介さん
       
◆社畜のキックボクサーがはじめた副業

 学生時代にプロのキックボクサーとなり、卒業後は会社勤めを始めたものの、夢をあきらめきれず街頭に立ち、どつかれ屋をする……そんな夢を追う男がいた。

「もう20年も前の話です。芸術系の大学を卒業してグラフィックデザイナーとして就職したのですが薄給で激務の日々が続くなか、ある日テレビで『歌舞伎町の路上に立つ殴られ屋』を知ったんです。これは面白そうだと思って新宿にいって、その方に許可を得て、道頓堀の戎橋で『どつかれ屋』の副業をすることにしました。仲間3人でチームを組んで、1分1000円という料金です。おそらく1000人くらいから殴られたと思います」

 そう語るのは、小嶌大介さん。どつかれ屋をしながらナンパをした女性と結婚。その後、3人の子宝に恵まれたが薄給は変わらないまま、どんどん激務に拍車がかかっていった。

「会社がブラックというよりは業界自体がブラックなんです。平日は4泊5日で泊まり込み、デスクの下に段ボールを敷いて寝ていました。そこまで大変な思いをして手取りで年400万円もいきません。こんな毎日からなんとか脱出したいと、より儲かる副業を模索しました」

 体力を使う「どつかれ屋」は廃業して、「せどり」「FX」「アフィリエイト」に手を出すものの、なけなしの軍資金を溶かすばかり。そんな小嶌さんがたどり着いたのは不動産投資だった。

◆ゴミみたいな廃屋を再生

 小嶌さんが不動産投資をはじめたのは2010年、34歳のとき。それまでの投資や副業で貯金をほぼ使い果たしたため、手持ち資金は50万円だけ。そこで父親から50万円、妻から50万円を土下座して借りて、計150万円でスタートした。

当時の記事を読む

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。