不動産屋はウソをつく。損しないために知っておきたい3つの“単語”

不動産屋はウソをつく。損しないために知っておきたい3つの“単語”
株式会社コラビットの渡邉雄也氏
 コロナ禍のテレワークやオンラインで完結する「新しい生活様式」によって人々の家に対する考え方は大きく変わった。「2021年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング」首都圏版の賃貸では、本厚木や千葉、柏などの郊外が順位を上げた。一方、持ち家においては、利便性や資産価値の観点から勝どきや白金高輪などの都心部が人気。いま、都心部と郊外で二極化の傾向にあるという。

 3~4月は入学・入社・異動、会社のルールが変わるなどして、不動産の動きが活発化する時期。そんななか、家を購入&売却しようと検討する人もいるかもしれない。しかし、こんな声も……。

「不動産会社のうまい話に乗せられ損をしてしまうこともあります」

◆元不動産営業マンの証言「お客様に不都合な情報は伝えない慣習があった」

 株式会社コラビットの渡邉雄也氏は、大手不動産仲介会社で営業マンとして勤めていた経験があり、業界的に「お客様に不都合な情報は伝えない慣習があった」と証言する。

 前述のようにコロナ禍の影響と相まって都心部の家の需要が高まり、売却価格が高騰。裏を返せば、“売り時”を迎えている。だが、一生のうちに何度も経験するわけではない「家の売却」について十分な知識がある人は少ない。渡邉氏が、相手の口車に乗せられず、家をできるだけ高く売るためのコツを教えてくれた。

◆家の売却時に1社の不動産屋に任せないこと

「家を売却する際、多くの人が1社の不動産屋に任せることが多いですが、それは危険です。必ず複数社に依頼をするか、セカンドオピニオンを求めることをお勧めします」(渡邉氏、以下同)

当時の記事を読む

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月6日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。