パチンコ屋が最もいらない“客”とは。パチプロの存在をどう考える?

パチンコ屋が最もいらない“客”とは。パチプロの存在をどう考える?
雨の中でも勝つために並ぶパチンコ客。もちろん、負けようと思って打つ者はいない
◆パチンコ屋にとって客とは一体なんなのか?

「客」という言葉を広辞苑で調べると、「商売で料金を払う側の人」と記されている。一般的にはその意味でなんの疑問もない。しかし、ことパチンコ業界においてはどうだろうか。

 金を払い、玉やメダルを借りて遊戯する。ここまでは広辞苑に書かれた「客」であることはわかる。だが、場合によっては大当たりして大量の出玉を得ることができるのもパチンコである。そして、その客は景品に交換して、店側に払った金以上の対価を持って帰ることもできる。まぁ、大半の人は買ったり負けたり、いや、むしろ負けることの方が多いわけで、往々にしてパチンコ客も「客」であることに間違いはない。

 一般客と違い、パチンコで金を稼ぐパチプロと呼ばれる人々がいる。負け続けている人はプロとは呼べないわけで、パチンコ店からすれば彼らは果たして「客」なのだろうか。

 最近では、パチンコ屋の特定日を狙い、パチンコ台を特殊な打ち方で金をむしり取っていくパチプロもおり、業界が縮小し続ける現在も存在する。個人で動いているプロもいれば、SNSで人を集めて集団打ちする、いわゆる“軍団”を取り仕切っているプロも多い。彼らは決して「商売で料金を払う側の人」ではない。むしろ逆……、いや逆とも言えない、立場が不透明な存在だ。果たしてそんな彼らはパチンコ屋にとって「客」と言えるのだろうか……。

 こうしたパチンコ界が抱える疑問や問題点や現状について、業界の重鎮である大崎一万発、ヒロシ・ヤングが鋭く斬り込んだ『パチンコ崩壊論』から引用しつつ、パチンコにおける「客」という存在について、改めて考えてみたい。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。