テレワークで腰痛や肩こりが急増。スキマ時間に「動いて治す」方法

家の中で生活する時間が長いほど、運動不足になってしまうのは必然だ。しかしと言うべきか、やはりと言うべきか、テレワークの影響によって腰痛や肩こりが急増していると医師は言う。さらに運動不足は細かな作業、距離感覚、平衡感覚、ろれつなどに関わる小脳の機能を低下させることもある。家の中でもなんとか運動を習慣にできないものか。専門家に聞いた。

◆寝たきりと腰痛、肩こりの予防は「動くことが大事」

「寝たきり」を防ぐために今から習慣化したいのが「小脳力」を鍛える動きだ。耳鼻咽喉科医の五島史行氏は「小脳にはさまざまな機能があるが、主に細かな作業、距離感覚、平衡感覚、ろれつなどに関わっています」という。

 小脳力が枯渇する原因として筆頭に挙げられるのは加齢だが、アルコールや運動不足もかなり関わっている。例えば泥酔すると千鳥足になったり、ろれつが回らなくなったりするが、これも小脳力が一時的に衰えている症状。それは筋力を鍛えても改善できない。

「体幹の筋肉があっても小脳力が衰えているとフラつき、いざというときに踏ん張れなくなります」

 五島氏がすすめる「目玉を素早く動かして平衡感覚を養う小脳力トレーニング」を、筋力トレーニングとともに、一日3~4回生活に取り入れよう。

◆スキマ時間に体幹を鍛える

①背筋を伸ばし真っすぐ立ち、片脚の膝を90度に曲げ太ももが腰と平行になる位置に上げる
②声に出しカウントしながら20秒キープ。反対側の脚も同様の姿勢で上げ、同じ動作を行う

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月12日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。