気づけば220兆円市場…仮想通貨バブルの正体と買いどき

気づけば220兆円市場…仮想通貨バブルの正体と買いどき
拡大する(全1枚)
撮影/高橋宏幸
仮想通貨(暗号資産)市場の勢いが止まらない。全通貨の時価総額は220兆円を超え、企業として時価総額トップに君臨するアップルをも凌駕。すさまじい資金量が今、マーケットに流れ込んでいる。

◆過熱するアルトコインブームの正体

 先陣を切ったのはビットコインだった。’17年12月に当時の最高値である220万円をマークしたものの、直後急落。一時は30万円台まで落ち込み、低空飛行が続いた。ところが昨秋から復活。気づけば現在の価格は約650万円と、2年で16倍強もの上昇を見せている。

 こうした急騰に「値上がりしすぎて、今さら手を出しづらい」と思うのが人の性。だが、これがビットコインではなくアルトコイン(ビットコイン以外のすべての仮想通貨)となればどうか。仮想通貨に詳しいライターの高城泰氏は「ビットコインドミナンス」という指標に着目して語る。

「仮想通貨市場におけるビットコインの時価総額の占有率を示す言葉で、ドミナンスが高いうちはビットコインのターン。逆に下がるとアルトコインのターンと言えます。

 仮想通貨市場は今がまさに分水嶺。これまで60%前後で推移していたビットコインドミナンスが急落し、3月下旬に50%台に落ちるとこれと入れ替わるようにイーサリアムなどのメジャーアルト勢が急上昇。イーサリアムは過去最高値を更新しました。

 これはビットコインからアルトコインに資金が流れていることを意味しており、アルトコインの大相場がくる可能性は十分に予想できます」

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月13日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。