親1人の介護費用は、想定500万円。介護破産しないために準備すべきこと

親1人の介護費用は、想定500万円。介護破産しないために準備すべきこと
拡大する(全1枚)
今春、話題を集めたドラマ『俺の家の話』では、長瀬智也演じる中年レスラーが父親の介護と向き合う姿が何度も映し出された。ドラマほど劇的ではないにせよ、老いた親と向き合うのは、「あなたの家の話」かもしれない。まだ元気な親でも、介護やさらに死後に向けての準備は必要だ。いつかは来る「親の死」にどう備えるべきか。

◆聞きだしづらい「親のカネ」をどうやって把握すればいい?

 親の老後を考える上で、避けては通れないのがお金の問題だ。週刊SPA!が現在介護をしている40、50代の男女200人に行ったアンケート調査で「お金の悩み」を聞いた結果でも「将来的にいくらかかるのか見当がつかない」(127人)、「月々の介護費用負担が大きい」(57人)、「親の貯金額などが把握できていない」(46人)という声が多かった。

 老後資金問題に詳しいFPの髙橋佳良子氏は、「介護者1人につき500万円は想定しておくべき」と話す。

「施設に入るにしろ在宅介護にしろ、介護費用は莫大です。時にはおむつ代に月5万円かかることさえあります。まずは親の現状の資産を把握し、年金収入を差し引いた持ち出しでどれだけ介護費用が賄えるかを確認しましょう」

 親のカネを聞くのは気が引ける人も多そうだが、「そんな時は自分の資産を紙に書き出して“見本”を用意し、同じように書いてもらうと親も納得しやすい」という。

◆認知症が進む前にやっておくべきお金の準備

 ほかにも、認知症が進む前にやっておくべきお金の準備は多い。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「介護」に関する記事

「介護」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「介護」の記事

次に読みたい「介護」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月13日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。