キリンビール営業部長から俳優に転身。54歳で早期退職を決心した理由

新型コロナ発生から1年。コロナで解雇される人がいる一方、自ら退職した人もいる。’20年9月、山田直樹さん(55歳)は、キリンビールの営業担当部長の座を捨て、俳優業に転身した。彼はなぜ50代を過ぎてから大手企業の役職を捨て、俳優になろうと考えたのだろうか? 本人に直撃取材した。

◆「コロナのおかげでかつての夢を思い出しました」

「会社の研修で今以上の出世は望めないこと、57歳で役職定年となると平社員待遇で給与も半減することを知らされました。そこで、肩身の狭い思いで会社にしがみつくより、新しい場で挑戦したいと考えるようになったのです」

 昨年、会社の営業改革により、退職金が割り増しされる希望退職者優遇制度の対象枠が55歳以下に引き下げられた。54歳の山田さんも早期退職を決心した。

「まずは会社に籍を置きつつ、昨年3月ごろから別の企業への再就職を試みました。ただ、コロナ禍で思うような活動ができず、在宅時間も増え、ふとかつての俳優の夢を思い出したのです。幸い住宅ローンも完済し、29歳の息子も独り立ちしています。二人とも、私の決断を快く受け入れてくれました」

◆生涯年収は減ったが、今が一番楽しい

 昨年9月、山田さんは会社を退職すると同時に、芸能事務所のシニアタレント募集に応募。未経験ながら、難関オーディションを勝ち抜き、俳優の卵として活動し始めた。現在はエキストラの仕事を週1~2本程度こなし、シンガーのミュージックビデオに出演するなど、徐々に露出を増やしている。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。