お土産菓子「黒糖ドーナツ棒」が試食販売禁止で苦境に。起死回生の一手とは

 熊本や九州のお土産菓子として長年親しまれてきた「黒糖ドーナツ棒」。百貨店やスーパーの九州フェア・物産展などで目にしたことがある人も多いかもしれない。なでしこジャパンのFIFA女子ワールドカップ初優勝に湧いていた2011年。当時、「INAC神戸」に所属していた川澄奈穂美選手がマイクパフォーマンスで黒糖ドーナツ棒を紹介し、大きな注目を集めたこともある。

 発売から35周年を迎えたが、コロナ禍で観光業界が大打撃を受けたことは周知のとおり。そして、その影響はお土産菓子にも及んでいる。果たして、この危機を乗り越えることはできるのか。フジバンビ関東営業所所長の三神拓磨さんに聞いた。

◆会社存続の危機で生まれた「黒糖ドーナツ棒」

 ドーナツ棒を製造・販売を行うフジバンビは今年で創業73年目。もともとは「かりんとう」の製造・販売の事業を中心に行っていたそうだが、「黒糖ドーナツ棒」は前社長の吉田高成氏がかりんとうからヒントを得て、35年前に開発した同社のオリジナル商品だ。

「当時の主力商品だった『かりんとう』を生産していた熊本工場が1970年、火災に遭いました。その2年後には『カネミ油症事件』という食用油の健康被害の風評被害で、売り上げが半減してしまったんです。会社存続の危機に直面し、当時の社長だった吉田は足を骨折していて入院中だったんですが、松葉杖で会社に通い詰め、ドーナツ棒の開発にあたったそうです」

 ドーナツを食べやすい棒状にした非常に“シンプル”な菓子だが、だからこそ、常に変わらない味わいと、それを実現するための製法にこだわっている。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。