貸会議室のTKPはコロナ危機をどう乗り越えたか。社長を直撃

貸会議室のTKPはコロナ危機をどう乗り越えたか。社長を直撃
拡大する(全1枚)
TKP 河野貴輝社長 
―[あの企業の意外なミライ]―

 全国でフレキシブルオフィス(貸会議室、貸オフィス)を提供しているTKPはコロナの影響によりリアルで行われるセミナーや研修の機会が減ったことでダメージを受けているイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし、TKPは今まで、リーマンショック・東日本大震災の時期にも黒字を確保し、景気悪化という危機に直面するたびに業績を加速度的に拡大させてきました。

 今回のコロナ危機でも足元では業績が回復しており、むしろ、財務体質は筋肉質に変貌を遂げています。過去の経験を経て、今回のコロナで、どんな対応を成し得たのか。また、アフターコロナにおける、TKPの未来像はどんなものなのか。河野貴輝社長が全貌を初めて語ります。

◆証券ディーラーを経て、証券・銀行を立ち上げ、TKP創業へ

馬渕:河野社長は伊藤忠商事での証券ディーラー、その後、日本オンライン証券(現:auカブコム証券)、イーバンク銀行(現:楽天銀行)の立ち上げを経て、2005年にTKPを創業しました。金融業界から貸会議室の起業へ。異色の経歴です。

河野:もともと株が趣味だったので、伊藤忠商事の為替証券部でディーラーの仕事を選びました。その後、auカブコム証券、楽天銀行の立ち上げに携わったのがベンチャーとの出会いです。

馬渕:金融×IT業界から、なぜ貸会議室だったのでしょうか。

河野:リアルに即したビジネスをやりたかった。当時、世の中はITバブルの真っただ中。そんな時代を横目に、オーナーとして実体のあるビジネスで稼ぐことが出来る会社を運営していきたいと強く思いました。

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。