激安中古初代リーフはコスパ良し!? 中古車店やオーナー取材で見えた買ってもいい基準

―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―

◆EVの真の価値を考えてみた!

 テスラ・モデル3が大幅に値下げしたとはいえ、まだまだEV(電気自動車)を日常の足にするには、価格的にも航続距離的にも庶民にはハードルが高いでしょう。

 そんななか、現実的なEVの選択肢になりそうなのが中古初代リーフ。中古車サイトで検索すると、20万円台からヒットします。これって買ってもいいのか? 中古車店を巡り、その実情を調べてみました!

MJブロンディ改め永福ランプ=文 Text by Shimizu Souichi

◆初代リーフはコスパ最高のEVか?

 世界の自動車業界を電動化の波が襲っている。そう遠くない将来、我々カーマニアも、EVに乗らざるを得ないらしい。

 しかしEVはまだ値段が高い! 高いうえに不便! ホンダやマツダは、実質航続距離200㎞くらいのEVを500万円くらいで売り出したけど、「そんなもん買えるか!」というのが本音だ。

 どうせ航続距離が短いなら、激安中古リーフのほうがいいんじゃないか? 初期型初代リーフは最安20万円台から売られている。こんなに安いのは、電池が劣化していて容量が落ちているからなんだけど、これだけ安ければ、実質航続距離が100㎞くらいでも納得できる。

 実際のところ、初代リーフってどうなのか? 初代リーフオーナーでもある『EVスマートブログ』編集長の寄本好則氏に聞いてみた。

「僕のリーフは’16年式、バッテリー容量30‌kw‌h型で、’18年に支払総額約165万円で買いました。生産から5年強ですけど、つい最近、バッテリーのセグがひとつ欠けて11になっちゃいました」(寄本)

当時の記事を読む

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク