「常に己の身を律し続けた」東海林のり子の20年間のリポーター人生

「常に己の身を律し続けた」東海林のり子の20年間のリポーター人生
拡大する(全1枚)
―[職業・芸能リポーター]―

◆<東海林のり子・第5回>

 阪神淡路大震災の現場を経て、東海林のり子は事件リポーターからの引退を決めた。このときの取材で受けた喪失感は、それまでのどの現場よりも大きかった。そして、「私たちが伝えられることは何なのか? テレビは何をできるのか?」を自問自答した結果、導き出したのが「引退」という決断だった。

「40歳のときにリポーターになって、60歳のときにリポーターをやめました。あっという間の20年間だったけど、常に真摯に事件や災害に向き合ってきました。夢中で仕事してきました。精神的に辛いことはたくさんあったけど、仕事はどんどん面白くなってきて、ある頃には『もしかしたら、自分にやれないことはないんじゃないかしら?』という変な自信も出てきて……。あっという間の20年間でしたね」

 いつ現場に呼ばれるかわからない。事件にも、葬儀にも対応できるように、常に黒い服を着て、カバンには数珠と清めの塩をしのばせていた。自らが報じる立場であるからこそ、常に生活を律するように心がけていた。各局のリポーターたちの生きざまを描いた『ワイドショー物語』(柏木純一/毎日新聞社)には、57歳当時の東海林のこんな言葉が紹介されている。

「私たちの仕事は言ってみれば他人のことをああだ、こうだ、と言うようなもの、それなのに、そう言っている本人が、例えば、お酒、異性、おカネ、などでトラブルを起こすということはリポーターとして資質に欠けると思います。ですから、私の場合はお酒を飲んでも決して醜態は見せませんし、不倫もしません。(中略)日常的に己を律していなければいけないのです」

あわせて読みたい

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。