焼きそばの「価値観が変わる」名店、全国ベスト5/小野瀬雅生

焼きそばの「価値観が変わる」名店、全国ベスト5/小野瀬雅生
拡大する(全1枚)
 クレイジーケンバンドのリードギタリスト・小野瀬雅生氏。10年以上1日も欠かさず更新してきたブログの内容は音楽やバンド活動よりも食に関わることが圧倒的に多い。なかでも偏愛とも言える氏の “焼きそば愛” の集大成、『焼きそばの果てしなき旅』では全国50以上もの焼きそばの名店が紹介されている。

 どの焼きそばも甲乙付けがたいそれぞれの魅力に溢れているが、焼きそば初心者のために「焼きそばに対する価値観が変わってしまう“ウマウマウー”な一皿」を5つ、ピックアップしてもらった。

◆5位 小樽・龍鳳「ブラックサバス焼きそば」

 漆黒の安息日をご一緒に。普通盛で麺2玉(1玉だとハーフサイズ)のヴォリュームも凄いが、そのネーミングと餡の黒さの迫力は圧倒的だ。でも味わいの方はドゥームだったりヴォイドだったりはせずに正統派。熱々で黒々とした餡は濃厚な中国のたまり醤油「老抽王」の旨味の深さと山椒のピリッとした刺激が絶妙なアンサンブルを奏でていて、それが焼き付けられた麺にたっぷり絡んで箸が止まらなくなる。

 タケノコとキクラゲの細切りの食感もたまらなく嬉しい。冷めるのなんて待ってはいられない。一口食べたらブラックサバス焼きそばの熱きグルーヴのトリコになること必至。他にもピンクフロイド焼きそばやキン・ザ・ザ麺など秀逸なネーミングの焼きそばヴァリエーション多数。ウマウマウー。

◆4位 大阪・長谷川「焼そば」

 何と云っても味付けがされていないのが特徴。ソースは各自で卓上の容器からかける後がけスタイル。麺は白っぽくストレートな太麺。具は薄切り牛肉と淡路島産タマネギ乱切り。この構成だけでも普段の焼きそばに対する思い込みを根底から覆されるような気になる。

当時の記事を読む

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク