谷沢健一が中日の監督になれなかった理由「星野さんとの確執がどうこうって言われるけど…」

大男たちが一投一打に命を懸けるグラウンド。選手、そして見守るファンを一喜一憂させる白球の行方――。そんな華々しきプロ野球の世界の裏側では、いつの時代も信念と信念がぶつかり合う瞬間があった。あの確執の真相とは?あの行動の真意とは?最終回となる今回は、’70~’80年代を代表する巧打者・谷沢健一と中日ドラゴンズという球団の関係性に迫る。

◆中日一筋で現役を終え、「監督間違いなし」と期待されるも……

 プロ野球という世界では、確固たる信念のもと輝かしい成績を残したとしても、球界での“未来”が約束されるわけではない。フロントとの確執、理不尽な政治の駆け引き、マスコミの印象操作……。サラリーマン社会と同様に、どんなに信念を貫いたとしても、それを煙たがる者によって道を阻まれることも往々にしてある。

 プロ野球界でスジを通してきた男たちの信念を追った本連載だが、彼らへの取材から、そんな一端が見えてきたのも事実だ。連載最終回では、輝かしい成績で地元ファンからも選手からも愛され、「監督間違いなし」と言われた男のエピソードを紹介していきたい。

“ヤザワ”と聞いて真っ先に「永ちゃん」を想起するのは新人類世代(’55~’65年生まれ)。一方、“ヤザワ”と聞いて「中日の谷沢」を即座に連想するのがバブル世代(’65~’69年生まれ)だ。巻き舌で“ヤザワ”と言おうが、冠に“中日の”をつけようが、俺たちの“ヤザワ”がレジェンドであるのは間違いない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク