「家事は不得意なのにせざるを得ない空気…」仕事も夫婦関係もどん詰まりな35歳男性の言いわけ

「家事は不得意なのにせざるを得ない空気…」仕事も夫婦関係もどん詰まりな35歳男性の言いわけ
拡大する(全1枚)
関本竜一さん(仮名・35歳)
家庭はすでに崩壊しているにもかかわらず、さまざまな要因から離婚に踏み出せない“ゾンビ”の如き夫婦生活を送る男女が絶えない。彼らはなぜ離婚を選べないのか?結婚5年目でゾンビ夫婦になってしまった男性に話を聞いた。

◆結婚5年目でゾンビ化。疲弊する妻を助けられず

 まだ結婚歴5年の夫婦でも容赦なくゾンビ化は進行するようだ。

 2年前に異業種から転職して不動産会社の契約社員になったという関本竜一さん(仮名・35歳)は「ここ最近、仕事も夫婦関係もどん詰まりになっている」と嘆く。

「2番目が生まれる前のタイミングでブラック企業の営業職から転職。1年くらいで正社員になれるかなと思ったのですが、業績が悪いからと今も待遇は変わらず非正規で年収は400万円。忙しいのにボーナスもないので妻の視線が痛いですね」

 そもそも妻との関係が大きく悪化したきっかけは2人目の子供の誕生後だったという。

「1人増えるくらい変わらないだろうと思ってたら家事も育児も一気にハードに。妻も疲労で体調を崩しがちになりました。手伝いたいけど、成果を上げないと正社員になれないので、なかなか残業を切り上げられないんです。最近は在宅勤務の日もありますが、妻の前で家事を手伝うと強烈なダメ出しをされる。正直、もともと家事は不得意なのにせざるを得ない空気があるのもツラいですね……」

◆「子供たちが成長すれば少しは関係も……」

 妻はまだ育休中だが、このまま共働きに戻れば負担が大きすぎるとさらに愚痴をこぼす。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「仕事」に関する記事

「仕事」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「仕事」の記事

次に読みたい「仕事」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク