35歳以上のミドル転職で失敗する人の特徴。“対策”や“コツ”はあるのか

35歳以上のミドル転職で失敗する人の特徴。“対策”や“コツ”はあるのか
拡大する(全1枚)
写真はイメージです
 長引くコロナ禍の環境変化において、改めて自分の働き方やキャリアについて考え直している人も多いはず。“コロナ転職”という言葉が注目を集めているが、「35歳」以上の中年ともなれば、若い頃よりも慎重にならざるを得ない。役職に就いたり、大きなプロジェクトを任せられたりする同世代もいるなか、焦燥感は募る一方だ。

 今回は、キャリア相談サービスなどを展開する株式会社UZUZの専務取締役・川畑翔太郎氏に、ミドル世代の転職で明暗を分けるポイントは何なのか話を聞いた。

◆30代の“逃げの転職”、残された道は不人気分野

 年齢的にラストチャンスかもしれない転職において、厳しい現実があることは想像にかたくない。とはいえ、20代だけではなく、30代からの転職相談が寄せられることも少なくないという川畑氏。

 それぞれで状況が異なることから「一般化しにくい」ことを前置きしたうえで、ミドル世代の転職が成功するポイントを次のように話す。

「そもそも20代と30代では転職活動の戦略が全く異なります。若者ならば、未経験分野でゼロからスタートする“リセット転職”もできますが、ミドル世代の場合は基本的に、“今までの仕事の成果やスキルを次の会社に持ち越す転職”の一択となります。

 長い仕事人生で考えると、確かに35歳、40歳って、まだまだ先が長いのですが、その年代から未経験でも入れるような仕事は不人気分野のみと考えたほうがいいです」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク