日本の管理職に足りないITスキルとは?「業務効率化だけがITじゃない」

日本の管理職に足りないITスキルとは?「業務効率化だけがITじゃない」
拡大する(全1枚)
―[あの企業の意外なミライ]―

◆データを扱える人材が不足している

 日本のIT人材不足について課題感が叫ばれています。データ量が増える一方で、日本は人口が減少していきます。ネットで完結するビジネスがどんどん増え始めている中で、データでしか状態がわからない状況が増えていく一方です。データで物事を判断する時代にあって、データを扱うことができなければ、正しい判断ができなくなります。間違った意思決定をしてしまえば、ただでさえ、低い生産性がもっと低くなってしまう、恐ろしい現実が待っています。

 日本はDX化を成功させて、これから成長できるのでしょうか。データ人材を育てる「教育」にも力を入れているブレインパッドの草野社長に日本の未来を伺います。

◆ゼロサムが始まるにはまだ早い

馬渕:ブレインパッドは、コンサルティング、人材支援、システム開発、プロダクトの提供といった、データのプランニングから実装までを幅広く手掛けています。日本でもIT化、DXの言葉が馴染みのあるものになりました。これからの「データ活用のマーケット」はどうなっていきますか。

草野:まだまだこれからですよ。日本全体でもっとマーケットが拡大しないと駄目なんです。ゼロサム競争が始まるには、まだ早いと思っています。実際、大企業が本腰入れ始めると全く人が足りないです。企業も人材の配置転換をしていくべきです。「リスキリング」です。

馬渕:「リスキリング」と言うと?
編集部おすすめ

当時の記事を読む

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク