中年会社員がやってしまいがちな失敗。自分も評価される側なのに…

中年会社員がやってしまいがちな失敗。自分も評価される側なのに…
拡大する(全1枚)
◆現代の中年社員のサバイバル術

 薄給の20代、激務の30代を乗り越えてきたのに、終身雇用は崩壊し役職はつかずに給料も頭打ち。転職しようにも、社内で再評価されようにも外されたはしごを掛け直してくれる味方はいない。“無理ゲー”と化した会社で中年社員が生き抜く術はどこにあるのか。

 かくも厳しい中年社員たちの現状。周りを見渡せば敵だらけ、四面楚歌ともいえる戦場に立ち尽くす諸兄には今を生き抜くための戦略が必要だ。

 会社は幻想であることを受け入れ、自己評価をやめ、会社に依存しない生き方を模索することこそが、現代の中年社員のサバイバル術。中年男性がやってしまいがちな失敗をあなたは犯していないだろうか?

◆自分は評価する立場だという勝手な思い込み

 中年社員の弱点は、自分もまた評価される側であるのに、なぜか自分は評価する立場だと勝手に思い込んでいることだと産業医の大室正志氏は語る。

「これはお笑い芸人で例えると、賞レースで結果を残してないのに審査員席に座ろうとするようなもの。自覚なく勝手に審査員側に行こうとするなんて絶対にダメですよ。

 年を重ねただけでそこにいけると思うのは、完全に時代遅れなおっさんである証拠です。逆に誰からでも審査されることをいとわないフラットな人物こそ、中年社員が目指すべき人物像です」

◆求められてもいないのに上司面する中年

 さらに「役職もないのに、若い社員に求められていない上司面はもってのほか」と組織コンサルタントの安藤広大氏は言う。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク