「人間が120歳まで生きる」が現実的なワケ。臓器の入れ替えで“若返り”はできるのか

「人間が120歳まで生きる」が現実的なワケ。臓器の入れ替えで“若返り”はできるのか
拡大する(全1枚)
「人生100年時代」が叫ばれるようになったのも束の間、研究者の間では、「人間が120歳まで生きる」というのはわりと現実的だと考えられているという。世界中で活発化する「老化研究」の最前線を探る!

◆老化はもはや「治療できる病気」に。最新研究が示す未来の姿とは?

 昨今、老化が制御できる可能性がにわかに現実味を帯びてきた。

「’16年にはアメリカの研究チームが『人類の年齢の限界は115歳』という論文を発表しましたし、150歳はムリだとしても120歳は現実的な数字だと思います」

 そう話すのは、医療未来学者で医師の奥真也氏だ。公衆衛生の発達や医療の進歩で現代人の寿命は延び続けてきた。そして今後、老化の研究が「さらに平均寿命を延ばすかもしれない」という。

「老化研究は今、世界中で注目されています。特にアメリカではロンジェビティ(長寿)ビジネスのスタートアップが次々に登場し、一種の成長産業になっている。もともとは’00年頃が一つの境目だったのですが、遺伝子解析技術が進んだことで老化現象に対してピンポイントで成功事例が出てきつつあります。

 もちろん、老化は複雑なプロセスなので、何かが一つうまくいっても寿命が急激に延びたりはしません。完全に老化を制御するにはまだまだ時間がかかる。しかし、がんの薬でも20、30年前に始まった研究が今、花開いているように、’40年頃には何かしらの成果が出ているでしょう」

 いまだ研究段階とはいえ、これまでは「老化=自然現象」という認識だったのが、海外ではもはや「老化=治療できる病気」という考えに変わりつつあるのは確かだ。老化そのものを制御したり病気の発症を防ぐ、抗老化作用がある薬や治療法の研究が進んでいる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

SPA!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク