何かしらの値上げが連日ニュースとして流れてくる。経済が停滞し、物価が上昇し続ける“スダグフレーション”は深刻だ。消費者である我々の生活は当然苦しい。でも、もっと苦しい人たちがいる。「値上げ」という苦渋の選択をした数々の“現場”を直撃。今回は街のパン屋を取材、胸の内を聞いた。

◆安価が売りの街のパン屋が苦渋の選択「もう仕方ない」

「パンの主原料の小麦、バター、砂糖が上がったらもう仕方ないよ」

 そう嘆くのは、武蔵小山商店街パルムにある老舗パン屋・こみねべーかりー社長の小嶺忠さん(52歳)。今年4月から全メニュー、10~30円の値上げに踏み切った。

「商店街のパン屋はお客との距離が近いから、財布事情もなんとなくわかります。値上げも『しょうがない』と言う人は多いけど、客単価700~1000円だったのが、値上げ以降はパン1個分、150円下がりました」

◆あんぱんは10円の値上げ

 こちらの名物は、ボリューム満点のあんぱん。家まで待ちきれず店頭で頰張る子供の笑顔が印象的だった。幸いにも、あんこはまだ価格変動がないため、あんぱんは10円の値上げで収まっているとか。

「あんぱんはウチの目玉商品だから、あんこの値段がいつ上がるか不安です。今後あんこの値段まで高騰するようなら、お店で小豆から煮て、仕入れたものに混ぜて使うしかない。毎日500~1000個分のあんこ作りは大変ですが、価格を抑えるための努力はしたい」

◆商品の価格と従業員の雇用を守りたい