月20万円で2人の娘を育てる40代シングルマザーの苦悩。夫からの養育費はゼロ
拡大する(全1枚)
飯倉由美さん(仮名・48歳)
 新型コロナでより深刻度が増した貧困問題、それに追い打ちをかけるインフレの嵐――。ただでさえ厳しい暮らしを強いられている低所得者層の生活が今、インフレによって脅かされている! 今回はシングルマザーで2人の子供を育てるリアルを取材した。

◆高額な電気代に絶句。一馬力で家計を支えるシングルマザー

 約半数が貧困状態にあるといわれる日本のひとり親家庭。山梨県在住の介護職員で、高校生と大学生の娘を持つシングルマザーの飯倉由美さん(仮名・48歳)は、「月20万円の家計は常に火の車、少しの値上げでも影響は甚大」だと嘆息する。

「アパートの家賃や教育費、車のローンなどを差し引くと、手元に残るのは月6万円。この金額で、食費・光熱費含め家族3人の生活費全般を賄っています。特に今年は電気代とガソリン代の値上げに慄き、必死で節約しました」

◆新電力に切り替えるも…

 冬場はエアコンを使わず灯油ストーブで凌いでいたが、相次ぐ値上げに耐えかね、今年の2月には新電力に切り替えた。

「ですが、電力の取引価格の高騰により1か月で新電力の会社が倒産。ほかの会社も新規受け付けをしておらず、元の大手電力会社に戻ってしまいました。値段がかさむのを恐れて、30アンペアでしか契約しなかったので、頻繁にブレーカーが落ちます」

 外食は久しくしていない飯倉さん。近所のコンビニで半額惣菜を買い込んで、家族でパーティを催すのが今のささやかな楽しみとなっているという。