24歳でステージ4の肝臓がんを患った格闘家。転移と再発を繰り返して“気づいたこと”
拡大する(全1枚)
格闘家・高須将大さんの今年4月に開設したブログ 「余命3ヶ月だった男」が、反響をよんでいる。

今年29歳の高須さんは、24歳の時、肝臓がん「ステージ4」であることが判明。これまで2度再発し、4度の手術を行った。闘病中もリングに立っていた高須さんは、現在最後の治療を終えて2年半。3ヶ月に一度の定期検査では毎回緊張するが、「がんになってなかったら、格闘技をやめていたかもしれない」と笑う。

高須さんがそう語る背景には、「目標」を持つことの大切さと、生き方を変えてくれたいくつかの出会いがあった。高須さんの希望の源泉について、話を聞いた。

◆格闘技を始めて3年、発覚した「大きな腫瘍」

やんちゃなタイプではなかったものの、スポーツや勝負ごとは好きだった。高校までは野球少年。卒業後は就職したが、何か打ち込めるものに飢えていた。「生きていくうえでの目標」がほしかった。

そんな折、目に留まったのが山本KID徳郁さんだ。当時、高須さんは20歳。山本さんのファイトスタイルと筋肉に魅了され、格闘技への興味がわく。近所にあったブラジリアン柔術をメインとする道場の門を叩いた。

「ちょっとはいけるかなと思っていたのに、自分より全然細いオッサン達にボコボコにされました(笑)。何度も挫折して、やめようと思いましたね。でも、楽しさが勝って」

ブラジリアン柔術の大会で優勝を重ねるうちに実力が認められ、MMA(mixed martial arts、総合格闘技)のプロデビューが決まった。23歳になっていた。