森喜朗会長 五輪の延期問題対策チーム設置に「ラグビーで言えば展開戦。即断即決が大事」と猛ハッパ

森喜朗会長 五輪の延期問題対策チーム設置に「ラグビーで言えば展開戦。即断即決が大事」と猛ハッパ

 2021年への延期が決まった東京五輪の組織委員会が26日、都内で「新たな出発 東京2020実施本部」をたちあげ、計画の見直しに着手した。

 冒頭で森喜朗会長(82)は延期を「かつてない挑戦」と表現。「ラグビーで言えばFW戦ではなく展開戦。即断即決が大事」と、一丸となって難局を打開する姿勢を訴えた。

 武藤敏郎事務総長は「五輪、パラリンピックの開会式を早く決めないと、なかなか先に進めない」と、まずは大会日程の選定を最大の課題に挙げ「時間との勝負になる」と、関係者を鼓舞した。

あわせて読みたい

スポーツ報知の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「森喜朗会長 五輪の延期問題対策チーム設置に「ラグビーで言えば展開戦。即断即決が大事」と猛ハッパ」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    根性論で「マスクをしないで頑張る」と言った阿呆の森喜朗。

    0
  • 匿名さん 通報

    五輪は当分無理なんだよ。そんなことも分からないのか。

    0
この記事にコメントする

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。