囲碁の仲邑菫初段が小学5年ラスト対局で黒星

記事まとめ

  • 囲碁史上最年少棋士・仲邑菫初段が第46期碁聖戦・予選Cで敗退。
  • 仲邑初段はこの日、小学5年生としてラスト対局だった。
  • デビューイヤーの成績は22勝15敗。

囲碁の仲邑菫初段が小学5年ラスト対局で黒星…デビューイヤーは22勝15敗

囲碁の仲邑菫初段が小学5年ラスト対局で黒星…デビューイヤーは22勝15敗

 囲碁の史上最年少棋士・仲邑菫初段(11)が26日、大阪・日本棋院関西総本部で打たれた第46期碁聖戦・予選Cで、黒番の村本渉二段(22)に231手までで4目半負けを喫し、敗退した。

 昨年4月22日にデビューした仲邑初段は、この日が2019年度ラスト対局。小学5年生として臨む勝負も最後だったが、白星で飾れなかった。村本二段に序盤でリードを奪われ、中盤ではいったん盛り返して形勢を五分に戻したが、突き放され、終局後は悔しさで目を潤ませた。村本二段は「序盤でよくなったかな。(整地の結果)残ったと思った」と振り返った。

 デビューイヤーの成績は22勝15敗。勝率約5割9分4厘となった。新初段の勝率では池本遼太初段(18)が現在、約6割6分6厘でトップ。池本初段は休場期間があり15戦10勝5敗と対局数が少ないため比較しづらいが、それでも堂々の好成績を収めた。なお、新初段では対局数(37)、勝ち数ともにトップだった。

あわせて読みたい

スポーツ報知の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。