会田有志コーチが練習帰りに人命救助 男性を心肺蘇生

記事まとめ

  • 巨人・会田有志3軍投手コーチが人命救助していた。
  • 駅で意識不明になった男性をAEDを使って救った。
  • 自ら胸骨圧迫による心肺蘇生法も実施、男性は回復している。

【巨人】会田有志コーチ、練習帰りに人命救助 28日に駅で意識不明の男性を心肺蘇生

【巨人】会田有志コーチ、練習帰りに人命救助 28日に駅で意識不明の男性を心肺蘇生

 巨人の会田有志3軍投手コーチ(36)が人命救助していたことが29日、分かった。都営新宿線の馬喰横山駅(東京・中央区)構内エスカレーターで、10段近く転げ落ちて意識不明だった男性を発見。自動体外式除細動器(AED)を正しく使って救った。男性は回復しているという。

 28日午後8時過ぎ。ジャイアンツ球場の3軍練習から帰宅途中、中高年の男性が顔面血だらけであおむけに倒れていた。集まった多くの人をかき分け、会田コーチは「誰か119番通報してください! AEDを持ってきてください」と周りに呼びかけ、自ら胸骨圧迫による心肺蘇生法を始めた。

 AEDが届くと電気ショックを1回行い、胸骨圧迫を継続。死戦期呼吸という命の危機的状況だったが、男性のまぶたが動いた。大声で名前をたずねると男性は名前を答え、到着した救急隊に搬送された。

 会田コーチは07年に巨人で34登板3勝。父は元ヤクルト投手の会田照夫氏で、親子で1軍登板、1軍勝利は史上初だった。アスリートのリハビリを専門とする日本スポーツ協会公認の超難関資格「アスレティックトレーナー」(AT)受験を球団に勧められ09年に引退。翌年から巨人2軍トレーニングコーチ補佐に就任した。コーチ業と両立して解剖学、医学、栄養学、心肺蘇生法、法律など専門科目を猛勉強した。AT筆記試験は年1回しか受験できず合格率10%前後。3度の不合格を経て16年に4度目の正直で合格した。元プロ野球選手では初の快挙だった。


あわせて読みたい

スポーツ報知の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月30日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。