J2水戸がJ1クラブライセンス申請 2024年の新スタジアム完成目指す

記事まとめ

  • J2水戸はJ1クラブライセンス取得に向けた申請書類を提出。
  • ライセンスの交付判定結果は9月末に発表される。
  • 新スタジアムは2024年の完成を目指す。

J2水戸がJ1クラブライセンスを申請 2024年の新スタジアム完成目指す

J2水戸がJ1クラブライセンスを申請 2024年の新スタジアム完成目指す

 J2は1日、クラブ公式サイト上で、J1クラブライセンス取得に向けた申請書類をJリーグに提出したことを報告した。ライセンスの交付判定結果は9月末に発表され、交付された場合はJ1昇格が可能となる。

 クラブは「2021シーズンのクラブライセンス交付申請にあたり、昨年11月に新スタジアム構想を発表させていただいたことから、基準I.01『公認スタジアム』に関して、『スタジアムの例外規定2』の適用を申請いたしました。こちらの例外規定によってJ1クラブライセンスが交付され、J1昇格の順位条件を満たす場合、2021シーズンも現状のケーズデンキスタジアム水戸をホームスタジアムとして使用させていただくこととなります。新スタジアムにつきましても、30周年を迎える2024年の完成を目指し、現在より具体的な計画に入っている段階です」とした。

あわせて読みたい

スポーツ報知の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。