腎臓機能障害による入院でドラマ降板の佐野史郎、「しっかり治癒させるのも俳優の仕事」

腎臓機能障害による入院でドラマ降板の佐野史郎、「しっかり治癒させるのも俳優の仕事」
拡大する(全1枚)

 俳優の佐野史郎(66)が、腎臓機能障害による体調不良のため入院し、出演中だったTBS系連続ドラマ「リコカツ」(金曜・後10時)を降板することを4日、発表した。代役として平田満(67)が7日放送の第4話から出演する。

 佐野はこの日、自身のホームページ(HP)で自らの病状を説明。先月18日に熊本で行われた映画祭のトークイベントを終え、帰京した19日に39度台の発熱があったという。新型コロナウイルスの検査は陰性だったが「リコカツ」の植田博樹プロデューサーに紹介され医療機関を受診したところ、同月下旬に腎臓機能障害が判明。佐野はTBSを通じ「プロの俳優として恥ずかしい限り」とコメントし、HPでも「ここはしっかりと治癒させるのも、長い目で見た時の俳優の仕事と、決断した次第です」とつづった。

 「リコカツ」で佐野は、北川景子(34)演じる主人公の父で、連れ添った妻から離婚を切り出される水口武史役を演じていた。ドラマ関係者は「特段体調が悪そうな様子はなかったので、突然(の降板)で驚きました」。同局によると、代役の平田は4月の最終週から合流。佐野が出演したオンエア前の映像が1シーンだけ残っていたものの、平田ですでに撮り直し、台本の差し替えなどはない。HPで佐野は「平田満さんには、深く深く、心より感謝申し上げる」とコメントした。

 佐野は19年11月、日本テレビ系大みそか特番「笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」のロケ中に第三腰椎を骨折し休養した経験もある。今回の腎臓機能障害では、撮影を予定していたほかの作品も降板するという。佐野は「みなさまに、これ以上ご迷惑をおかけしないよう、体調を整え、この先さらなる精進をしてまいりたい」と述べた。


あわせて読みたい

佐野史郎のプロフィールを見る
スポーツ報知の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「佐野史郎」に関する記事

「佐野史郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「佐野史郎」の記事

次に読みたい「佐野史郎」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 佐野史郎 Instagram
  2. 佐野史郎 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。