東国原英夫氏、小林賢太郎氏解任で「セレモニーは中止を。ユダヤ問題は甘く見ない方がいい」

記事まとめ

  • 五輪の開閉式の演出を担当していた小林賢太郎氏が解任された件。
  • 東国原英夫氏は、「セレモニーの部分はカットして中止した方がいい」と提案。
  • 「ユダヤ問題はあんまり甘く見ない方がいい」と事の重大さを指摘した。
東国原英夫氏、小林賢太郎氏解任で「セレモニーは中止を。ユダヤ問題は甘く見ない方がいい」
拡大する(全1枚)

 22日放送のTBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」(月~金曜・午後1時55分)では、東京五輪・パラリンピック組織委員会の開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」を務める元ラーメンズの小林賢太郎氏が過去にコントの中でユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を扱っていた動画が拡散していた問題を受け、この日、組織委員会から解任されたことを報じた。

 米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部ロサンゼルス)が21日、小林氏を非難する声明を出していた。

 コメンテーターで出演した元宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏は「結論から言うと、セレモニーの部分はカットして中止した方がいいと思いますね」と提案。

 小林氏が解任されたことについては「普通は辞任を勧めて辞任をさせるようにするのですが、とにかくスピード感を持って解任ですよね。(橋本聖子)会長もおっしゃっていたように、国際問題に発展する可能性がある。ユダヤ問題はあんまり甘く見ない方がいいですよ。ホロコーストに対する揶揄や言動は、国によっては厳罰に処される所もある」と問題があまりに重大だとした。

 そしてセレモニーの中止を提案した理由を「国際問題としては障害者の方をいじめも大問題なのですが、それ以上に問題になるのがユダヤ人の問題。外交的に、問題の重要さ等々を判断されての解任だと思いますね。僕はこれをそのままセレモニーで流すのは、ちょっと危険じゃないかなと思っていますね」と説明した。

あわせて読みたい

スポーツ報知の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク