【巨人】ドラ3中山礼都、目指すは今季1軍デビュー…憧れは坂本勇人、骨折リハビリも「必要な時間だった」

【巨人】ドラ3中山礼都、目指すは今季1軍デビュー…憧れは坂本勇人、骨折リハビリも「必要な時間だった」
拡大する(全1枚)

 巨人のルーキーインタビュー(育成含む)、今回はドラフト3位・中山礼都内野手(19)。“ポスト坂本”に名乗りを上げる若武者がこれまでの思いや現在の心境を語った。

 中山は、自身と同じ中京大中京OBの父・慎也さん(46)の影響もあり、小学1年生の頃から野球を始めた。名前の由来は「右翼にはいい選手がいる」と同校OBの稲葉篤紀やイチロー級の選手になるような願いが込められている。

 「イチローさんは父の2学年上なんですけど、父が高校1年生の時に、中京と愛工大名電が県大会で対戦したんです。父親はスタンドで見ていたらしいんですけど、その試合でイチローさんが場外ホームランを打って。そのホームランは今でも忘れられないと話していた。高校の先輩の稲葉さんもそう。超一流と言われている選手が右投げ左打ちでライトを守っている。だから名前はライト、僕も右投げ左打ちなんです」

 プロ野球選手を夢見て祖父や父と同じ中京大中京に進学した。2年秋は明治神宮大会に出場し優勝。甲子園切符をつかんだが、昨年はコロナの影響で、出場が決まっていたセンバツに続き、高校最後の夏の甲子園も中止となった。それでも、憧れの選手と同じ舞台に立ちたいという目標は見失わなかった。

 「小学2年生の頃、東京ドームに連れていってもらった時に、坂本さんが一番かっこよく見えたんです。名前はライトですけど、坂本さんに憧れてポジションはずっとショートです。高校生活はつらいことしか思い出せません。甲子園が中止になってしまったことも残念でした。けど、僕はプロ野球選手になることが目標だったので。『目標は甲子園じゃないから切り替えてやろう』と。むしろ、もっと努力しないといけないと火がつきました」


あわせて読みたい

スポーツ報知の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク