2024年世界卓球は韓国・釜山での開催に決定、国際連盟初の女性会長も誕生

2024年世界卓球は韓国・釜山での開催に決定、国際連盟初の女性会長も誕生
拡大する(全1枚)

 国際卓球連盟(ITTF)は24日、米ヒューストンで年次総会を開き、2024年の世界選手権団体戦を韓国・釜山で開催することを決定した。釜山では昨年3月に団体戦を開催予定だったが、新型コロナ感染拡大により、3度の延期を重ね、最終的に大会が中止となっていた。韓国での世界選手権開催は初めて。

 また、新会長にスウェーデン人のペトラ・ソルリング氏が選出された。ITTFによると、女性が会長に就任するのは初めて。「会長に選ばれたことを大変光栄の思います。卓球ファミリーの友人や同僚に感謝します。皆さまのための会長になりたい」と所信表明した。

 日本卓球協会副会長を務める前原正浩副会長の再選も決まった。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スポーツ報知の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「卓球」に関する記事

「卓球」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「卓球」の記事

次に読みたい「卓球」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク