【阪神】藤井康雄1、2軍巡回打撃コーチ「現役の時に知っておけば」 4スタンス理論とは…インタ前編

【阪神】藤井康雄1、2軍巡回打撃コーチ「現役の時に知っておけば」 4スタンス理論とは…インタ前編
拡大する(全1枚)

 阪神・藤井康雄1、2軍巡回打撃コーチが26日、スポーツ報知などの合同インタビューに応じた。

 オリックスでは吉田正尚、ソフトバンクでは柳田悠岐ら日本を代表する強打者を育成した名伯楽は今月20日から秋季練習に合流。4スタンス理論で佐藤輝らを指導した。インタビュー前編は自身の指導方針や4スタンス理論との出会いなどを明かした。

 ―秋季練習が終了。指導期間を振り返って。

 「初日はどんな感じかなと見させてもらった。最初に言ったように、まだまだうまく体を使えてないと感じた。休み明けはそれぞれ体に合った動きがあるという感じで、4スタンスの話から各選手のタイプ、動ける動き方みたいなものをやっていけた。3日間ですけど、僕の中でやるべきことはやって、あとは選手が一番感じてもらわないと困るので、そこはうまくこの先も一緒に話をしながらいいものを出していきたい」

 ―秋季練習の最後には江越や片山を指導した。目についた選手は?

 「全体ミーティングをやった時に、それぞれ自分のタイプは何だろうっていうところで、それぞれ答えを出してくれて、その中でスイングをしていたんです。だけど、どうもしっくりこないと、もう1回細かくタイプチェックをして、やっぱり違っていたっていうことはね、(タイプが)合っていなかったので。合っているスイングを最後、2人にティーをやってもらった」

 ―いろんな球団見てきた中で阪神と他球団の違いを感じた?


編集部おすすめ

あわせて読みたい

スポーツ報知の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク