勢藤優花「妹のかわいさも力になっている」姉妹ジャンパーが札幌の祭典臨んだ

勢藤優花「妹のかわいさも力になっている」姉妹ジャンパーが札幌の祭典臨んだ

◆ノルディックスキー W杯ジャンプ女子札幌大会第1日(11日、札幌・大倉山ジャンプ競技場=HS137メートル、K点123メートル)

 個人第4戦が行われ、地元で2年連続の姉妹出場を果たした勢藤優花(22)=ハイテクAC=は23位に終わった。この日は予選落ちで本戦出場がかなわなかった妹・理桜(18)=下川商=の存在にも力をもらいながら、12日の個人第5戦で上位進出を狙う。高梨沙羅(23)=クラレ=は4位、2017年以来3年ぶりの札幌での表彰台を狙った伊藤有希(25)=土屋ホーム=は9位だった。

 勢藤姉妹は昨年に続き札幌での祭典に臨んだ。姉の優花は1回目は108・5メートル、2回目111・5メートルと伸び悩んだが、188・7点の23位でW杯ポイント(30位以内)はしぶとく確保した。札幌W杯での最高成績(18年11位)更新はならなかったが、「表面上の結果より自分の中でいいジャンプができているので」。表情は明るく、言葉は前向きだった。

 旭川龍谷高在籍中の14年に当時17歳でW杯に初参戦した。以降、5季連続で世界を舞台に実力を磨いてきた。今季はゲートの高い、低いに応じた2種類のスタートの仕方を模索しており「きょう(11日)も特に1回目はそれができていた」と強調する。実際に14―15年はW杯で総合27位だったが、今季はここまで4戦で同15位タイと一歩ずつ前進中だ。この日4位の高梨とは幼稚園から中学校まで同じ幼なじみ。自身はW杯個人表彰台がまだないが「取り組み方など見習うことは多い。いつかは私もという思い」と、負けじと奮闘を続けている。


あわせて読みたい

スポーツ報知の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高梨沙羅 + メイク」のおすすめ記事

「高梨沙羅 + メイク」のおすすめ記事をもっと見る

「高梨沙羅 + オリンピック」のおすすめ記事

「高梨沙羅 + オリンピック」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「葛西紀明」のニュース

次に読みたい関連記事「葛西紀明」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月12日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 高梨沙羅 Instagram
  2. 高梨沙羅 オリンピック
  3. 高梨沙羅 メイク

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。