玉川徹氏、「ドコモショップ」の「クソ野郎」メモ騒動で「僕がこの客の立場ならあれで済まない。番組でやるよ」

玉川徹氏、「ドコモショップ」の「クソ野郎」メモ騒動で「僕がこの客の立場ならあれで済まない。番組でやるよ」

 13日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、NTTドコモが千葉県内のドコモショップで、従業員が来店者を侮辱する対応を行っていた問題を特集した。

 同社によると、この従業員は今月6日、機種交換で来店した契約者に対し、手渡した契約書とともに、「クソ野郎」「親が支払いしてるからお金に無頓着」などと相手を侮辱する内容を書いたメモを渡したという。メモは本来は顧客に渡さない業務用の書類に書いていた。同社は、10日にホームページ上で「不快な思いをさせてしまい、深くお詫(わ)びします」と陳謝するコメントを掲載した。「全店舗に対して今まで以上に指導徹底し、再発防止に努める」としている。

 番組では侮辱された男性と「ドコモショップ」側を取材した。コメンテーターで同局の玉川徹氏は「こんなふうに言われたら怒りますよ、当然」とした上で、携帯電話の代理店における接客の大変さを考えた上で「でも、一方でこういうふうに思っているんだろうなって普通に思います」などと明かした。

 さらに「いろいろ思いがあって、胸の中にそういう思いがでるのはしょうがないですよ。それを今回、書いちゃった、出しちゃった。それを言っちゃおしめぇよっていう話でしょ。それが何でネットで盛り上がっているのか、僕はよく分からない」と指摘した。

 この意見に司会の羽鳥慎一アナウンサーが「ひどいからでしょ」と返すと、玉川氏は「だって、『あるだろうな?』って思わないですか」と質問したが、羽鳥アナは「それを言えないし、書けないからストレスとしてみんな悶々としながら頑張っている」と応じた。

 続けて玉川氏は今回の問題でネット上が炎上していることに「逆に接客業の人もあぁこういうのあるなって思っている人もいっぱいいて盛り上がっているのかなと思ったんですけどね」と明かし、羽鳥アナが「いやひどいからでしょ」と返すと「接客業大変だと思うよ」と繰り返していた。

 ただし、自身が今回のようなメモを書かれた場合は「これ、言われたら腹立ちますよ。僕がこの客の立場ならあれで済まない。番組でやるよ」とコメントしていた。

あわせて読みたい

スポーツ報知の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。