「令和」ラベルの日本酒続々、ビールはアサヒが「スーパードライ」など5ブランド7商品を展開

「令和」ラベルの日本酒続々、ビールはアサヒが「スーパードライ」など5ブランド7商品を展開

日本酒で続々と展開される新元号・令和ラベル

4月1日に発表された、今年5月1日からの適用される新元号「令和」だが、発表当日から日本酒メーカーを中心に「令和」を用いたラベルの商品が次々と発表された。

長野県の遠藤酒造場は4月2日から、新元号「令和」をラベルにデザインした特別な純米酒(720ml/1,200円、以下全て別)を限定販売する。

ラベルは、白地に墨文字で新元号をシンプルに、かつダイナミックに描き、新たな時代の始まりにふさわしく、風格のあるデザインに仕上げた。

中味はモンドセレクション金賞受賞の経験もある「純米酒」で、酒造好適米を低温でゆっくりと長期発酵させているため、米の旨みを十二分に楽しめる味わいが特徴。ふんわり香る米の甘み、柔らかな口あたりを楽しめる。

そごう・西武は広島県の酔心山根本店の「酔心 純米大吟醸 新元号記念酒」(720ml/5,000円)を5月1日から各店舗と同社ECサイトにて販売する。

同商品は山田錦に30%まで精米した純米大吟醸酒で、軟水で仕上げたきめ細やかでなめらかな口当たりが特長。ラベルには酔心山根本店ゆかりの横山大観が描いた富士山の絵姿に「令和」の文字を配したデザインとしている。なお、販売予定数量は全店合計で500本としている。

〈白鶴からは「改元当日に搾り始める」商品も〉
大手メーカーも関連商品の発売を発表しており、白鶴酒造は新元号を記念して限定醸造の純米生原酒「特撰白鶴令和初しぼり720ml」を新発売する。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る 2019年4月2日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。