「令和」ラベルの日本酒続々、ビールはアサヒが「スーパードライ」など5ブランド7商品を展開

同商品は、新しい元号を迎えたと同時に搾り始め、翌日に瓶詰めする。4月15日まで注文を受け付け、特別に醸造したしぼりたての新鮮なお酒を、5月3日に同社から直接、小売店や業務店にクール配送で届ける。

菊正宗酒造は4月15日、改元記念商品「超特撰 慶祝 大吟醸 令和 720ML瓶詰」(1,100円)を数量限定で発売する。生酛造りの特徴であるコクとキレがありながら、しぼりたてを生のまま低温貯蔵し、瓶詰め時に一度だけ加熱処理することでフレッシュな味わいを実現。お祝いをイメージした「慶祝」と、新元号「令和」をセンターに配置した華やかなラベルデザインで、「新たに迎える時代の幕開け、大型連休での祝賀ムードをさらに盛り上げる」(同社)。

大関は5月1日、新しい時代の幕開けに相応しい大吟醸酒を詰めた「ワンカップ大吟醸令和ラベル180ml瓶詰」(254円)を数量限定で新発売する。ラベルは、巷で人気のダイヤモンド富士のような富士山から昇る日の出をデザイン。大吟醸ならではのフルーティーな香りと、キレのある辛口で品格ある味わいが特徴。

アサヒビールの「改元デザイン」商品は計画の1.75倍、計49万ケース受注〉
ビールではアサヒビールが5月1日から「スーパードライ」(350ml、500ml、中びん)「スタイルフリー」「クリアアサヒ」「クリアアサヒ プライムリッチ」「極上〈キレ味〉」(すべて350ml×6本パック)の5ブランド7商品で「改元デザイン」商品及び、改元デザインパックを発売する(“令和”の文字が缶体に配されるのは“スーパードライ”のみ、その他はすべて6缶パックの外装にデザインが配される)。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る 2019年4月2日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。