ウイスキー需要が11年連続拡大 原酒不足で各社対策、国産含む「世界五大ウイスキー」のブレンド商品も登場

ウイスキー需要が11年連続拡大 原酒不足で各社対策、国産含む「世界五大ウイスキー」のブレンド商品も登場

「デュワーズ ホワイト・ラベル」(バカルディ ジャパン)、「碧 Ao」(サントリー)、「ザ シングルトン ダフタウン 12年」(キリン)

ウイスキーの需要が11年も連続で広がり続けている。国税庁が発表した平成30年の酒類の課税状況によると、ウイスキーの課税移出数量(出荷数量)は国産と輸入合わせて17万8,522klとなり、前年比9.7%増となった。

内訳としては国産が15万2,650klで9.7%増、輸入2万5,872klでは国産を上回る9.9%増。

一時は10万klの大台を割り、底となる平成19年は現在の半分にも満たない7万3,850klまで落ち込んでいたが、この頃からサントリーが「ハイボール」を提案し消費が拡大。現在では各社原酒不足対策を迫られるほど需要が増加した。
 
〈世界五大ウイスキーの原酒をブレンド、サントリー「碧 Ao」〉

国産ウイスキーの原酒不足に対し、現在の市場を創り上げたサントリーは「角」や「トリス」といった国産ウイスキーに加えて、数年前から「ジム・ビーム」や「メーカーズマーク」といった輸入ウイスキーでの提案を積極的に行う他、世界五大ウイスキー(アイリッシュ、スコッチ、アメリカン、カナディアン、ジャパニーズ)の原酒をブレンドしたワールドウイスキー「碧 Ao」を今年4月16日に発売し、新たな市場の開拓を図る。

〈アサヒ、キリン、バカルディらも輸入ウイスキーでハイボールの提案強化〉

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る 2019年4月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。