テキーラ「クエルボ」ブランドアンバサダーを招きセミナー、「クエルボ社の歴史はテキーラの歴史」

テキーラ「クエルボ」ブランドアンバサダーを招きセミナー、「クエルボ社の歴史はテキーラの歴史」

「クエルボ」ブランドアンバサダー ステリオス・パパドプロス氏

アサヒビールは5月14日、テキーラ「クエルボ」からブランドアンバサダーのステリオス・パパドプロス氏を招いたブランドセミナーをSPIRITS BAR Sunface SHINJUKUで開催。パパドプロス氏が「クエルボ」の歴史やポートフォリオについて説明した後、国際カクテルコンペ「ホセ・クエルボ ドンズ・オブ・テキーラ」初回優勝者の江刺幸治氏によるカクテル3種を提供した。

パパドプロス氏=「クエルボ」は生産量・販売量共に世界一のテキーラだ。創業は1795年、今でも家族経営を続ける「クエルボ」の歴史は、テキーラの歴史でもある。テキーラを正しく理解してもらうためのグローバルな教育システム「World of Tequila」も展開。テキーラにとって一番大事なのは、蒸溜ではなく、まずアガベ。そして発酵だ。

1Lのテキーラに7kgのピーニャ(アガベ)が使われる。ワインにおけるぶどうのように、テロワールも重要な要素のひとつ。クエルボ社を代表するラインナップには、「クエルボ」と「1800」があるが、「クエルボ」はローランドスタイル、「1800」はハイランドスタイルだ。

クエルボでは毎日4,000人がアガベ畑で働き、手作業で収穫する。葉を残すとベジタルな香りが出るため、熟練の技が必要だ。発酵は天然酵母で、蒸溜は2回。熟成に使う樽も味わいを決める重要な要素のひとつで、テキーラではクエルボだけが新しいオーク樽を使う。また、樽材による味の違いも大きい。「クエルボ」はアメリカンオークで熟成するが、「1800」はアメリカンオークとフレンチオーク、2種類の樽を使い分ける。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る 2019年5月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。