シンポジウム「需給を反映したコメの価格形成を考える」(3)選択肢の一つとして「あって良い」コメ先物

シンポジウム「需給を反映したコメの価格形成を考える」(3)選択肢の一つとして「あって良い」コメ先物
――以上のような実例を踏まえて、コメ先物をどのように評価されますか。

〈前回記事〉シンポジウム「需給を反映したコメの価格形成を考える」(2)米の価格がどう決まっているかを知っている消費者ほとんどいない=https://www.ssnp.co.jp/news/rice/2019/06/2019-0620-1027-14.html

青山 今の3名の方のお話を聞いていると、保険としての役割を果たすのかなと思います。先物市場が始まる前の平成15~16年頃だったと思いますが、各団体がどういった期待や懸念を持っているかという資料を見てみたところ、現在とそこまで変わっていませんでした。ただ変わっていたこともありまして、例えば、「先物取引を認めると米の生産の自由化に繋がってしまう」とか、「価格がヘッジできるようになると生産調整に参加しない生産者が出てくるのではないか」という懸念の声もありました。
シンポジウム「需給を反映したコメの価格形成を考える」(3)選択肢の一つとして「あって良い」コメ先物

農業ジャーナリスト 青山浩子氏

ただ、時代としては自由化の方向に向かっていることを考えれば、先物市場を受け容れる土壌、度量が大きくなっていると思います。ただ一方で疑問もあります。参加する当業者は年々増えていますが、今年は少し出来高が減少していたり、こういったシンポジウムで出てくる生産者は必ずこのお3方で、他の方々が出てこないのは何故なんだろうという疑問もあります(笑)。
 
メンツがいつも同じで、少し広がりがないのは何故なのか。またJA系統が心配する価格の乱高下は「本当にないのか」も、私自身は先物取引とは距離がある立場ですので、情報に接しないと分からないところだと思います。
 
中嶋 先ほどから色々な声を伺っていて感じたのは、やっぱり安心して受渡できる場、そして価格も望んだ価格でというところが評価されているのだと思いますが、ある種それは現物市場の不完全性を補完するような役割を担保しているのではないかと思います。それから規模としては、差金決済は先物市場の機能ではなく、先渡契約として値段を確定するという使い方で、今の用意されている標準品を自分で使いこなせる方でないと、こうしたメリットを発揮できないんじゃないかなという気がしています。


あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る 2019年6月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。