JR両国駅“幻の3番ホーム”で「ギョーザステーション2019」開催/味の素冷凍食品

JR両国駅“幻の3番ホーム”で「ギョーザステーション2019」開催/味の素冷凍食品

「ギョーザステーション2019」両国駅3番ホーム店

〈新商品「ひとくち餃子」試食サービスも〉
味の素冷凍食品は8月30日、期間限定店「ギョーザステーション2019」両国駅3番ホーム店をオープンした。今年で3年連続の営業となる。黒崎正吉社長はオープンに当たり「非日常の中で皆さんに楽しんでもらい、日常に戻った時にも味の素ギョーザを味わってほしい」と話した。

ギョーザステーションはテーブル上のコンロとフライパンを使って、客自身が「ギョーザ」を焼くスタイルの店舗となる。今年は8月8日~12日に初めて大阪・道頓堀川店を営業し、大盛況だった。

JR両国駅3番ホームは30年前に定期旅客列車の発着がなくなり、普段使用されていないため“幻のホーム”と呼ばれている場所だ。両国駅3番ホーム店は9月9日まで営業する。席数は112席。

今年は11日間の開催で昨年よりも2日間少ないが、来客数は去年並みの6,000人を見込む。営業時間は平日は17時~23時、土日は10時45分~23時となる。両国店ではギョーザステーション特設サイトからウェブ予約システムで席の予約が可能となっている。

同店では8月11日に発売した新商品「ひとくち餃子」を試食としてサービスする。これは店側で焼いたものを提供する形となる。

メニューは「はじめてセット」(込500円)として「ギョーザ」または「しょうがギョーザ」(各12個入)とドリンク1杯、オリジナル手ぬぐいタオル1枚のセットや、「ギョーザ」と「しょうがギョーザ」の各1袋、合計2袋のセット「ダブルはじめてセット」(同700円)のほか、追加のギョーザやドリングの単品を用意している。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る 2019年9月3日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら