「農政の語り部」高木勇樹氏インタビュー〈4〉「違法状態」の食糧法、今こそ「創造的破壊」を

「農政の語り部」高木勇樹氏インタビュー〈4〉「違法状態」の食糧法、今こそ「創造的破壊」を

高木勇樹氏

――果たして創造的破壊が起こって来るかどうか。

いや、このままでいくと、起こる・起こらないではなくて、起こらざるを得ないと思いますよ。現場で、農業経営者は、そうしたことに取り組まなければ生き残っていけない。だから取り組まざるをえず、結果的にそれが「創造的破壊」を内容としたものになる、すでになっているのだと思いますね。

こうしたことは、ある意味で歴史が証明しています。かつて認められなかった「ヤミ耕作」は後に認められましたよね。当時は完全な農地法違反でしたけど、先駆者が「創造的破壊」をし、後にそれを国が認めたわけです。今の部分的な農業政策はみんなそうですよ。農商工連携、農福連携、農医連携、六次産業化。それからスマート農業も輸出も。創造的破壊の先駆者がいて、そうした実例を行政が採り入れる――このケースがほとんどですよ。結果的に創造的破壊にならざるを得ず、率先してやるべきなんですが、やらなければ現場で創造的破壊が起こるだけの話です。

米なんて、まさにそうですよ。食管制度は、簡単に言うとヤミ屋さんが潰したんですよ(笑)。でも今、生き残ってる卸さんは大半がかつてのヤミ屋さんじゃないですか(笑)。これこそまさに創造的破壊の好例ですね。1990年(平成2年)に「自主流通米価格形成の場」を作ろうとしたとき、私は食糧庁企画課長で、渡辺五郎さん(故人。元農林水産事務次官、当時は生研機構《現在の農研機構の一部》理事長からJRA《日本中央競馬会》理事長)が座長を務めた検討会の席上、全農さんも卸さん方も「消費者は価格変動を望んでいない」見解で一致していたのに、当の消費者委員が否定的な発言をしたものだから、一挙に市場化の方向に突き進んだことがありました。それから2002年(平成14年)の「生産調整に関する研究会」では、以前からの私の持論で「系統共計をやめ買取集荷に移行すべき」と発言したら、当時の全農(米穀担当)常務だった岡阿弥靖正さんに「内政干渉だ」と憤慨されたものでした。それが今や国が推し進めるまでになっているでしょう。まだしも不完全なものではありますが。
食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る 2019年11月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。