日清医療食品と榊原記念病院、心臓病予防に減塩食と運動の重要性訴える

日清医療食品と榊原記念病院、心臓病予防に減塩食と運動の重要性訴える

心臓病を予防する食事と運動について学ぶ

〈19年12月の脳卒中・循環器病対策基本法施行にあわせ〉
日清医療食品と心臓の専門病院である榊原記念病院(東京都府中市)は2月8日、「心臓を守る健康レシピ」イベントをNU dish Deli&Café(東京・銀座)で開催した。日々の食生活や運動習慣を見直すことから身近な心臓疾患対策を図ることを広く伝えるためイベントを企画。心臓疾患を罹患している方やこれから予防する方など45人に、心臓病に関する基本的な知識や心臓を守る運動のレシピを紹介、調理実演・試食を通じて心臓病を予防する減塩の重要性を訴えた。

日本では高齢化や生活習慣病の増加により脳卒中と循環器疾患による死亡者が増えており、心臓疾患が第2位、脳血管疾患が第3位となり、合計で死亡原因の23.5%を占めている。(2017年度人口動態統計より)19年12月には脳卒中・循環器病対策基本法が施行され、今後、心臓病や脳卒中など循環器疾患に関する教育・予防が、がん同様に強化される見通しだ。

冒頭、磯部光章院長は増加傾向にある心疾患・脳血管疾患について、その原因と対策を具体的に説明した。「心臓病になる原因の多くは、高血圧と心筋梗塞である。心臓の機能障害が起こり心不全になっても治療はできるが、高血圧や動脈硬化になる前の段階で予防してほしい。基本は健康な食事と運動である」と述べ、若い頃から適切な食生活、運動習慣を身に付け、禁煙することや、検診や人間ドックで心臓病、動脈硬化の早期発見・早期治療に取り組むことを訴えた。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。