「コーヒーで日本を元気に」、創業100周年を迎えるキーコーヒーが築いた文化

「コーヒーで日本を元気に」、創業100周年を迎えるキーコーヒーが築いた文化
拡大する(全7枚)

1921年発売のコーヒーシロップは家庭でも気軽に楽しめるコーヒー関連商品として人気に

100年前、コーヒーは海外文化へのあこがれや夢の象徴だった。当時は喫茶店でしか飲めなかったコーヒーを、誰でも簡単に、おいしく飲めるようにしたいと長年活動を続けてきたのが、2020年8月に創業100周年を迎えるキーコーヒーである。

キーコーヒーが日本のコーヒー文化をどのように進化させてきたのか。同社の歴史と日本の喫茶店の歴史を振り返ってみたい。

キーコーヒーは、1920年(大正9年)に、神奈川県・横浜でコーヒー商「木村商店」を創業したのが始まり。新しい時代を開く鍵という意味を込めたキーコーヒーというブランドマークは、当時から使われ続けている。

1921年(大正10年)には、コーヒーがまだ一般的とは言い難かった時代に、家庭でも気軽に楽しめるコーヒー関連商品として、希釈飲料の「コーヒーシロップ」の製造を開始した。清涼飲料水が少ないこの時代に、人々の暮らしの中でかけがえのない商品として浸透していったという。

戦後は、物資不足の厳しい中でコーヒーも流通していなかったが、コーヒー文化を絶やさぬため、味や品質にこだわり、風味をできる限り担保した代用コーヒー「NEAR COFFEE」を発売した。そして、1950年(昭和25年)には、人々のコーヒーへの渇望が一気に蘇ってきたことから、その想いを察知した木村商店の店主が生豆輸入の再開に奔走し、輸入再開実現まで精力的な活動を行ったという。そして、日本に2つの大きな喫茶店ブームが訪れた。

この記事の画像

「「コーヒーで日本を元気に」、創業100周年を迎えるキーコーヒーが築いた文化」の画像1 「「コーヒーで日本を元気に」、創業100周年を迎えるキーコーヒーが築いた文化」の画像2 「「コーヒーで日本を元気に」、創業100周年を迎えるキーコーヒーが築いた文化」の画像3 「「コーヒーで日本を元気に」、創業100周年を迎えるキーコーヒーが築いた文化」の画像4
「「コーヒーで日本を元気に」、創業100周年を迎えるキーコーヒーが築いた文化」の画像5 「「コーヒーで日本を元気に」、創業100周年を迎えるキーコーヒーが築いた文化」の画像6 「「コーヒーで日本を元気に」、創業100周年を迎えるキーコーヒーが築いた文化」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク