〈令和2年6月の需給展望 鶏肉〉量販店中心に国産生鮮は堅調、輸入品は先々減産見通し

〈令和2年6月の需給展望 鶏肉〉量販店中心に国産生鮮は堅調、輸入品は先々減産見通し
〈国産は今後も潤沢な供給量、6月平均でモモは615円前後か〉
令和2年5月の鶏肉需給は、中旬以降に新型コロナウイルス感染症拡大による、緊急事態宣言が解除されたが、自発的な自粛が続いていることで、引続き家庭内消費は堅調となった。需要はモモ、ムネに限らず、手羽元も調味料メーカーがテレビCMを放映したこともあり、引合いが強まった。

一方で、外食は外出自粛、外食控えにより厳しい状況は変わらず。一部でテイクアウトや、時間短縮、座席減少での営業も見られるが、鶏肉の消費は例年より大幅に減少している。その中で、5月は前月同様、量販店需要が消費を支えたことで例年であれば、ジリ下げ展開となるが、ことしは強もちあいとなった。

5月の月間平均相場は、日経加重平均でモモが609円(前年581円)、ムネが255円(227円)となり、モモ、ムネともに前年を上回り、正肉合計では55円上回った。モモはこの一年間で前年同月相場を上回った月は見られなかったが、2019年1月以来、前年実績を上回った。例年であれば、春以降モモ需要が徐々に弱まるが、ことしは量販店における特需に支えられる形で強気な相場形成となり、結果として609円となった。ムネも底堅い需要に支えられている。

〈供給見通し〉
日本食鳥協会がまとめているブロイラーの生産・処理動向調査によると、5月の生体処理羽数は前年同月比0.4%減と予想。処理重量は2.9%減と羽数・重量ともに前年をわずかに下回る見通しだ。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。