マルハニチロ コロナ禍で2ケタ増推移、米飯・麺・農産が大幅増/綿引建司市販用冷凍食品部長インタビュー

       
マルハニチロ コロナ禍で2ケタ増推移、米飯・麺・農産が大幅増/綿引建司市販用冷凍食品部長インタビュー

マルハニチロ・綿引建司市販用冷凍食品部長

――2019年度の業績振り返り

家庭用冷凍食品ユニットの連結業績は、売上高6億円増596億円、営業利益1億円増16億円と増収増益だった。市販冷食は合計で3%増だった。前半は麺・米飯の値上げもあり厳しかったが、下期以降販促強化策を打ち出し、コロナ禍もあって期末の3月に押し上げられた。収益面では、昨春の麺・米飯値上げおよび売上増による効果で増益となった。労務費は増加したが、生産効率の改善も引き続き行っていることも寄与した。

カテゴリー別では、弁当品99.5%、惣菜100%、米飯113%、麺111%、ピザ94%、グラタン95%、農産108%だった。弁当品は前年を若干下回ったが、19年春発売の「ブロッコリー3種のおかず」が好調だったこともあって市場を上回った。惣菜は今春新商品の「五目シュウマイ 香りと旨み」を含めてシュウマイ系中華惣菜が好調だったが、全体では前年並に留まった。

米飯は昨春より展開する「WILDish」の個食提案がうまくいき、上乗せとなったほか主力の「あおり炒めの焼豚炒飯」「炒飯の極み」も後半に伸びて2ケタ伸長、麺類は昨秋、主力の「横浜あんかけラーメン」「五目あんかけ焼そば」でCMを投入するなど販促を強化したこともあり2ケタ伸長した。

2019年度の重点施策としては、米飯・麺類の主食系商品の強化が挙げられ、前述の通り販促強化、CM投入なども実施し、成果を上げることができた。個食提案強化では、「WILDish」を中心に、モンスターハンターとのコラボ、実演販売士・レジェンド松下さんとのコラボ販促などを実施し、成果を上げることができた。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。