「東京焼肉平城苑」錦糸町にオープン、スカイツリーと夜景を一望、限定メニュー「ざぶんすき」提供

「東京焼肉平城苑」錦糸町にオープン、スカイツリーと夜景を一望、限定メニュー「ざぶんすき」提供

「東京焼肉平城苑 錦糸町駅前プラザビル店」限定メニュー「ざぶんすき」

株式会社平城苑は7月3日、「東京焼肉平城苑 錦糸町駅前プラザビル店(以下、平城苑 錦糸町店)」をオープンした。7月2日には内覧会が開催された。

「平城苑 錦糸町店」は、錦糸町駅から徒歩2分のプラザビル7階にあり、東京スカイツリーが見える個室や夜景を一望できるテーブル席を用意している。内装はプロデザイナー道下浩樹氏監修のもと、ラグジュアリーで重厚感のある落ち着いた雰囲気を演出。同店は国内30店舗目、ラグジュアリーラインの店舗としては4例目となる。
「東京焼肉平城苑」錦糸町にオープン、スカイツリーと夜景を一望、限定メニュー「ざぶんすき」提供

「平城苑 錦糸町店」テーブル席

平城苑は1970年に東京・足立区に1号店をオープンし、2020年12月で50周年を迎える。創業当初から牛一頭をまるごと買い付ける“一頭買い”にこだわり、厳選したA5等級の和牛・国産牛を、自社工場でじっくりと熟成させてから提供している。今回オープンする「平城苑 錦糸町店」では、店舗限定メニューとして、希少部位「ざぶとん」とトーストを卵で絡めた「ざぶんすき」を提供する。
 
錦糸町店限定メニュー「ざぶんすき」は、ガーリックバターをしみこませた一口サイズの食パンを網で焼き、焼いたざぶとんを巻くようにして包み、卵黄を絡めて食べるもの。従業員が客席で焼いて提供する。卵は愛知県渥美半島の「まんげつ濃厚卵」を使用。希少部位を使っているため数量限定となる。価格は1人前1,400円(別)。なお、「ざぶんすき」に追いバターした「超ざぶんすき」もコース限定で提供するという。
 
平城苑 錦糸町店・田中直樹店長は、「座席は56席と広くゆったり座れるよう配備した。ありがたいことにオープン後の数日間は、予約でディナーがほぼ満席となっている。ターゲットは30代~50代の男女としているが、子ども連れの家族や若い人からの予約も多い。錦糸町は焼肉激戦区だが、月の売上目標1800万円を12月までに達成したい」とした。


あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月3日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。