ローソン「ビストロ」黒トリュフソースで食べるローストビーフなど発売、“手軽に贅沢”な冷食シリーズ、「お皿代わりになる米飯」半チャーハンや海老ピラフも

       
ローソン「ビストロ」黒トリュフソースで食べるローストビーフなど発売、“手軽に贅沢”な冷食シリーズ、「お皿代わりになる米飯」半チャーハンや海老ピラフも

ローソン「ビストロ 黒トリュフソースで食べるローストビーフ」

ローソンは近年売り上げが伸び、コロナ禍でさらに伸長している冷凍食品から、新シリーズを相次いで発売する。9月22日からは贅沢な気分が味わえ、食事にもワインのおつまみにもなる「ビストロ」シリーズを全国で発売。29日からは袋のまま電子レンジで温め、袋のまま食べられる「お皿代わりになる米飯」シリーズを、関東エリアから順次発売していく。

「ビストロ」シリーズからは、「黒トリュフソースで食べるローストビーフ」、牛肉やトマトの旨みとコクが感じられる「五層仕立てのラザニア」、宮城県蔵王産の生クリームの甘みとサワークリームの程よい酸味の「ビーフストロガノフ」、発酵バターを使った「ベーコンとほうれん草のキッシュ」の4品を発売し、各込399円。ラザニア、ビーフストロガノフ、キッシュは各2個入り。
ローソン「ビストロ」黒トリュフソースで食べるローストビーフなど発売、“手軽に贅沢”な冷食シリーズ、「お皿代わりになる米飯」半チャーハンや海老ピラフも

ローソン「ビストロ ベーコンとほうれん草のキッシュ」

 
ローソンの2019年度の冷食売上高は、2015年度比で2倍に増えている。さらに、2020年4月以降はコロナ禍で前年の2割増だという。9月18日にローソン本社で記者説明会を行った商品本部デリカ・FF部の前田恵助氏によると、「スーパーで求められている冷食は安い、種類が豊富などでストック型の需要。コンビニに求められているのは、時間を選ばずに購入でき、手間のかかるメニューが手軽に味わえるという即食型の需要。ローソンでは女性の購入者が6割を占め、ハレの日、プチ贅沢、ごほうびなどの非日常ニーズがあるのではないか」と、「ビストロ」シリーズ開発の背景を説明した。20~40代の有職女性をターゲットにしたという。


あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。