「茅乃舎分店アトレ恵比寿」オープン、「だし玉」投入で20代の取り込み目指す/久原本家

「茅乃舎分店アトレ恵比寿」オープン、「だし玉」投入で20代の取り込み目指す/久原本家
拡大する(全2枚)

茅乃舎「だし玉」

「茅乃舎だし」を販売する久原本家グループ(福岡県糟屋郡)の久原本家は5月25日、「茅乃舎分店 アトレ恵比寿」をオープンする。

「茅乃舎分店 アトレ恵比寿」では新たな取り組みとして、和菓子のような彩り豊かな和風スープ「だし玉」を投入するとともに、これまで展開していなかった和惣菜の販売を開始する。従来の「茅乃舎」のユーザーは30代以上の女性がメインだったが、久原本家は「新業態で20代を取り込みたいので分店という形にした」としている。

「だし玉」は、茅乃舎こだわりのだしと味噌、厳選した素材を合わせた、彩り豊かな和のスープが手軽に味わえるのが特徴だ。味と彩りにこだわって3~5種類の具材を使用し、1つずつ手作りしている。あおさ柚子、とまと玉、黒ごま玉(各税込388円)、南京玉、桜えび包、季節限定のとうきび玉(各税込486)の6つの味をそろえた。

調理も簡単で、「だし玉」を耐熱カップに入れて水を注ぎ、レンジで2分加熱すると、豊かな香りと深い味わいが広がる。自分へのご褒美や、手土産としての利用も推奨する。

「茅乃舎 和惣菜」は、だしのおいしさを生かして作った和惣菜で、袋のまま湯せんで温めるだけで調理できる。国産素材にこだわり、大豆の五目煮、ごぼうの土佐煮、さつま芋の甘煮の3品をラインアップしている。

また、「茅乃舎分店 アトレ恵比寿」では、「茅乃舎だしにゅうめん」を新発売する。もちろん、従来の茅乃舎だしや、フリーズドライシリーズの購入も可能だ。

この記事の画像

「「茅乃舎分店アトレ恵比寿」オープン、「だし玉」投入で20代の取り込み目指す/久原本家」の画像1 「「茅乃舎分店アトレ恵比寿」オープン、「だし玉」投入で20代の取り込み目指す/久原本家」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク