エムアイフードスタイル、冷凍食品が大幅増、「冷凍スープ」は買い上げ点数増にも寄与でフレーバー追加も検討

エムアイフードスタイル、冷凍食品が大幅増、「冷凍スープ」は買い上げ点数増にも寄与でフレーバー追加も検討
拡大する(全1枚)
2021年3月に初のプライベートブランドの冷凍食品を投入したエムアイフードスタイル。運営する「クイーンズ伊勢丹」や、スーパーの「ライフ」などで展開し、順調な推移を見せる。

同社ではこれまで冷凍食品にそれほど力を入れていなかったそうだが、コロナ禍に販売が大きく伸びたことで、方針を転換。一部の店舗では、部門の垣根を越えて冷食の売場を作り、今までとは異なる取り組みを進めている。冷凍食品などに携わる松原一樹氏と大島孝徳氏に聞いた。

――2020年4月に発令された最初の緊急事態宣言以降、冷凍食品の需要は高まっている。推移は

松原:新型コロナウイルスの影響でストック需要が高まり、それにより冷凍食品の販売も伸びた。この間、冷凍のPB(プライベートブランド)は取り組んでおらず、NB(ナショナルブランド)品などを展開するだけで、平台や企画などでの訴求は行っていなかった。それなのに、2020年2月以降の既存店の売上は、前年比で20%増~90%増で推移している。平均客単価も、2017年の平均客単価は400円だったが、2020年は440円で、この3年で約40円伸びている。

2020年3~5月は「巣ごもり消費」で伸長し、9月以降はその影響は薄れたものの付加価値の高い商品で売上が伸びてきた。正直、今までは冷凍食品を「ただ置いておくだけの商品」と捉えていたが、コロナ禍で伸長してからは取り組みを大きく見直した。既存店では平台を増設し、新店の場合は既存店よりも広い売り場を設けるようにしている。

当時の記事を読む

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク