幸楽苑ホールディングスは9月9日、ラーメンチェーン「幸楽苑」郊外店舗346店で「月見らーめん」を発売する。

【関連記事】モスバーガー“月見”参入!「月見フォカッチャ」発売、とろっと半熟風たまご×ソーセージ×バーベキューソース

690円(以下税込)。
9月30日までの期間限定販売。ただし、“売切御免”で提供終了時期は店舗により異なる。月を愛でる秋の風習「お月見」をイメージしたラーメン。麺が見えないほどたっぷりトッピングした豚バラ肉の真ん中に、“お月様を思わせる”玉子の黄身をトッピングする。

しっとりとした肉質の豚バラ肉は、かつおだしと2種類の醤油で炊き上げ旨味とコクを加えた。スープは豚ガラ、鶏ガラを丁寧に炊き出し、昆布や鰹節、アゴ、イワシなど魚介の煮干しを合わせたあっさりながらもコクのある醤油スープで、幸楽苑自慢の中太麺と好相性だという。

〈豚バラ追加トッピングは別皿で/幸楽苑「月見らーめん」〉


豚バラ肉は別皿の追加トッピングも販売する。肉盛りダブル(1人前追加)は250円、肉盛りトリプル(2人前追加)は450円、肉盛りメガ盛り(3人前追加)は600円。幸楽苑ホールディングスは「らーめんにのせても良し! ライスにのせても良し!」だとしている。
幸楽苑「月見らーめん」発売、肉盛りダブル・トリプル・メガ盛りの追加トッピングも
幸楽苑「月見らーめん」追加トッピングの「肉盛りダブル」「肉盛りトリプル」「肉盛りメガ盛り」
幸楽苑「月見らーめん」追加トッピングの「肉盛りダブル」「肉盛りトリプル」「肉盛りメガ盛り」
なお、“お月見”が行われる“中秋の名月”十五夜は、旧暦の8月15日。現在の暦(こよみ)では年によって日付が異なり、かつ、必ず満月になるとは限らない。2022年の十五夜は9月10日、満月となる。

幸楽苑「月見らーめん」発売、肉盛りダブル・トリプル・メガ盛りの追加トッピングも
幸楽苑「月見らーめん」
幸楽苑「月見らーめん」